6fa2e1a709ed17a69cc41fcc656c349c
ブランディの雑記

ハイジ村~タミナ渓谷🌟夏休みの思い出

2017/08/15 21:31 旅行・お出かけ

 今年の夏休みのハイライトは2泊3日の国内旅行(友人達から夫への誕生日プレゼント)。

 先ずは友人の運転でハイジ村へ。写真がハイジの作者ヨハンナ・シュピリが住んでいた家。

 キオスクでチケットを買えば、家の中やキオスクの2階に展示してある作品などを見られます。私達はパスしちゃいました。

 一般のスイス人には映画(実写)のハイジは馴染みがあっても、日本のアニメは知らない人が殆どです。

 スイスに住んでいる人達にはあまり感動はないかもしれない場所ですが、都会から来たり、ハイジに思い入れのある人には楽しい場所だと思います。

 日本の団体さんとブルカを被った人達に遭遇。

 飛び切り美味しいランチはハイジ村へ行く途中の村にあるお店へ。お天気も良かったのでお庭で、メニューを頼んでしまうと夕食が入らなくなるので、前菜から夫々2品ずついただきました。洗練された盛付けと素材を活かした味付け。

 下はメインにした前菜。パンと自家製レモンバターも美味。

 デザートとエスプレッソに添えられたプチフール。

 チェックインの後、アペリティフ。夕食は仕事を終えた友人のご主人と別の友人夫婦も合流して、ホテルレストランで。名物、鱒のバター焼きをいただきました。茹でジャガ付き。美味しかったですよ。

 食後はホテルの近くで魚が展示されていると聞き、見に行きました。

 翌日はバート・ラガッツ(Bad Ragaz)まで車で行き、上の写真の景色を見ながら観光名所のタミナ渓谷へ。1時間に1本ですが、渓谷入口までバスも運行しています。1時間半程歩くと昔保養所として使われていた建物が見えてきました。

 現在はレストランとキオスク、博物館と美術館になっています。

 友人がお願いしていたガイドさんが来るまで時間があったのでアペリティフ。     白ワイン、チーズとサラミに人数分のパン。私はトニックウォーター。

 

 ガイドさんのお話を聞きながら約2時間弱、洞窟内と施設を歩きました。

 450m続く洞窟は1240年に発見され、下を流れる川とは別に、約1000m地下から湧き出る温泉は36.5度。

 渓谷の上に宿泊施設を立て、その後は外国からも湯治に来る人が絶えず、長らく湯治場として栄え、お肉屋さんまであったそう。

 300人用の料理を賄っていた、大きな竈(既に現代の換気扇に似たものもあり)

 使われていたバスタブのひとつ。木の栓は建物内にあった製材所で作ったものと思われます。

 見学後は来た道を戻り、車でセイント・マーティン(St.Martin)へ

 

 セント・マーティンからの眺めは最高ですが、ここへ行くまでの橋の上からも絶景が望めます。カーブの多い道故、のぼりとくだりは20分毎位に時間制限されています。トンネル内も未来世紀ブラジルみたいでワクワク。

頂上からの眺め

自然が作った造形の美しさ。

夕方のアペリティフ。私はショーレイと言う、林檎ジュースの炭酸割り。皆さんは白ワインとビール。

3時間後に夕食w。

 

 スイス料理、カプーンツ(パスタにマンゴールドが巻いてある)と私が頼んだサラダとチキン。大盛りで食べ切れなかったので、私だけデザートは無し。

 

 泊まったホテルのオーナーが殆ど全部ご自分で撃った獲物。個人の博物館としては驚きのコレクションでした。これは2階に展示された一部。

 翌日は予報通り雨。朝食後出発。日曜の朝で車も少なく1時間半位で到着。

 友人宅でアペリティフの後、帰宅しました。

 スイス観光はチューリッヒやルッツェルンが有名ですが、時間に余裕があれば
グラウビュンデン州やサンクト・ガレン州へも足を伸ばしてみては如何でしょうか。


 長文をお読み頂きありがとうございました♪




   写真撮影 スジン(夫)

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください