6fa2e1a709ed17a69cc41fcc656c349c
ブランディの雑記

レバノンへ

2018/06/30 01:03 昼ごはん

 行ったつもりでチューリッヒは旧市街にあるレバノンレストランへ。

 イベ長さんの専売特許を無断で拝借。

上の写真「ビブロス」もネットから拝借したので、コピーライトに引っ掛かれば削除します。ビブロスと言えばデスコwではなく、フェニキア文字が生まれた土地とか。

 友人と中央駅で待ち合わせ、トラムに乗り、2つ目で降りて旧市街を歩く。

スイス発祥、ダダイズムのキャバレー・ボルテールの前辺りで旗を持ったガイドさんと団体さんに遭遇。ここは昔一度行きましたが、そんなに感動も無く。

 暫く歩いてお店に到着。テラス席もありますが、喫煙可能だし、ちょっと風もあったので店内へ。

 ランチはブッフェがあり、お代わりもできます。因みに老舗ベジタリアン・レストランのHiltlは自分で取った後お皿の重さを図るので、1回だけ。

 時計周りにサラダ、ピタパン、パンの下にピラフ、チキンと野菜の煮込み、レンズ豆の煮込み、インゲンとトマトの炒め物、フムス2種、ブルグラのパプリカ煮、中央が豆のコロッケで下がローストポテト。どれも塩味もきつくなく、野菜の甘さと旨味が凝縮されて美味しかったです。

 全部食べた後、小さいお皿でフムス2種、ポテト、パンとブルグラ(これが1番美味しかった)をいただきました。ちょっとだけよ。 二人共ミネラルウォーターを頼んだら、どーーーんと1l来ました。お値段は二人で60フラン。約6千円程。物価の高いスイス、ランチでこの値段でお代わりも出来、とても美味しいのでコストパフォーマンスは良いです。きっとまた行きます。

 Lebanese Restaurant & Bar   noon

www.noonbar.ch


 食後はブチックでブラウスを購入。セールで半額!

 韓国ショップで日本の冷凍納豆やお煎餅等を買いました。お値段は日本の3〜4倍。

まぁ仕方ないですね。たまの贅沢。

 良い週末をお過ごしください。



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください